歯医者

美しく白く|ホワイトニングは接客業の人にも人気

子供の将来を

歯科

歯並びが悪い時は歯列矯正を行って矯正治療を行います。骨は代謝によって削れ、削れた分新たに再生するので、ブラケットと呼ばれるワイヤーで再生位置を誘導することで正しい歯並びに戻すことができます。この歯列矯正は、子供のうちに行っていくことが推奨されています。その理由は、大人になってから強制をするよりも遥かにコストダウンが望めるからです。
子供の成長は、大人に比べて非常に早いです。顎の骨の発達も例外ではなく、どんどんと成長していきます。また、乳歯から永久歯に生え変わるのも子供の時期であり、歯並びの環境はここで一気に決まります。そのため、子供の頃歯並びが良くても永久歯に変わった時に歯並びが悪くなる可能性もあるため、できるだけ綺麗な歯並びにするには子供の内に矯正治療をしておくのがベターです。逆に、大人になってから治療を行った場合、顎の成長が遅く、代謝も若干悪くなるので歯の移動スピードが子供に比べて著しく遅くなります。そのため、治療期間は長くなってしまい、その分器具を使用するためコストが高くなってしまいます。
名古屋では、前述したリスクを鑑みて、子供のうちからの早期矯正を勧めている病院もあります。歯並びが悪くなることによって虫歯や歯周病になるリスクが高まるからです。よって、名古屋の小児歯科ではきちんとそういったリスクを親に話し、改善案を提案しているのです。また、名古屋には矯正を得意とする病院が多く見つかるのも特徴です。名古屋は日本でも有名な都市の一つであるので名古屋で開業している歯科医師は多いからです。